しろくまとえいが

今までみた映画の備忘録です。

movie - 君の名は。 (2016)

 

 

東京に住む男子高校生と、田舎に住む女子高生が入れ替わり、
お互い「知らない誰か」の一日を過ごすお話。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

新海さんを知ったのは、「秒速5センチメートル
そのあと「言の葉の庭」を観て、新宿御苑に行ったら3回とも
休園日or開園時間に間に合わなかったのはいい思い出。
という具合で、新海さんの作品を全て観ている訳ではないですが、
君の名は。」はすごく新海さんの集大成みたいなお話だったなーと思いました。
SFと恋愛、すれ違いがとても良いバランスできれいにまとまっていてとってもよかった。
中盤のテンポの良さから後半にかけての盛り上がりもおみごとかと。
RADWINPSの曲がこれでもか!というくらい使われておりましたが、
それもまた作品に寄り添うよい曲ばかりで素敵でございました。
良い意味でRADWINPSのMVみたいだった。
そして、秒速のトラウマで、最後はお互い気付かないままなんじゃないかと思いましたが
大丈夫そうだったので、秒速トラウマ持ちの方も安心してご覧いただけるかと思います。

 

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

 

 

 

movie - トイ・ストーリー (1995)

 

トイ・ストーリー&トイ・ストーリー2 [DVD]

トイ・ストーリー&トイ・ストーリー2 [DVD]

 

 

カウ・ボーイ人形のウッディはアンディという少年の大のお気に入りのおもちゃ。
でも誕生日プレゼントで贈られたバズ・ライトイヤーにお気に入りの座を奪われてしまい…
という、おもちゃたちがわいわいするお話。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今見ると古く感じますが、当時このフルCGって相当すごかったんじゃないかなーと。
約20年前にこのクオリティ。ピクサーすごい。
子供の頃見ていたら、「おもちゃを大事にしよう」って思ったんだろうな。
ぜひともちびっこに見てほしい。そして自分に子供ができたらぜひみせたい作品でした。
バズが自分の正体に気付いてしまうところせつないなーと思ってみておりましたら、
でも、それは幸せな事なんじゃないか、と一緒にみた人が言っていて、
なるほどそういう見方もあるのかーと妙に納得。
確かに勘違いしたままの方が嫌かもね。
でも気付く前のバズも結構好きなんだけどな。(いろいろかみ合ってないけど)
どのキャラクターもほんとに魅力的でしたが、観る前も観た後も、やっぱりリトル・グリーンメンがお気に入り。

movie - ゴースト/ニューヨークの幻 (1990)

 

ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・エディション [DVD]

ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・エディション [DVD]

 

 

亡くなった恋人がゴーストとして現れて、自分の死の真相や不正を暴き、
死してなお、恋人を守るお話。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こちらも有名な作品ですが今頃になって鑑賞。
観終わってまず思ったのが、ウーピー・ゴールドバーグの貢献が計り知れない!でした。
ほんとウーピーさん大活躍で、彼女がいないと色々成り立たないんじゃないかと(あと、物の触り方を教えてくれた人)
単なるラブストーリーだけではなく、サスペンスにコメディと盛りだくさんなお話でした。
伏線もきれいに回収するし、セリフや出来事のひとつひとつにちゃんと意味があってすごいなーと。
王道だし古めなのですが今観ても全然おもしろいし、やっぱり泣いちゃう。お手本みたいな映画でした。
あと、デミ・ムーアめっっっっちゃかわいい。
私てっきりろくろのシーンってお亡くなりになった後のものかと思ってたら生きてるときだったんですね。

movie - アメリ (2001)

 

アメリ [DVD]

アメリ [DVD]

 

 

小さいころから空想好きだったアメリ。大人になってもそれはかわらず、
周りの人の人生にちょっとしたいたずらをしかけて幸せにしたりしなかったりするお話。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

有名な作品ですが今頃になって鑑賞。
全体的におしゃれな映画。お部屋とか雑貨とか町並とかいちいちおしゃれ(ほめ言葉)
だけどすこーし毒もあるというかキレイすぎないというか。
数あるアメリのいたずらの中でも、地味ですが、お父さんとドワーフのくだりがすごい好き。
その後の「協力者」のお姉さんの台詞がまたキュート。
絵を描いてるおじいちゃんとアメリの関係もまたすてきでした。


movie - 森崎書店の日々 (2010)

 

森崎書店の日々 [DVD]

森崎書店の日々 [DVD]

 

 

失恋で傷ついた主人公の貴子が、神保町にある叔父の経営する古書店を手伝いながら心を癒していくお話。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

とくにかく優しい映画でした。
傷ついた貴子が、じんわりと癒されていく様子がよかった。
いい意味で眠くなった(ちょっと寝た)
菊池亜希子さんと本とコーヒーってとっても似合う。

 

 

movie - マルタのやさしい刺繍 (2006)

 

マルタのやさしい刺繍 [DVD]

マルタのやさしい刺繍 [DVD]

 

 

スイスの小さな村に住むマルタおばあちゃん。
ご主人を亡くし、元気をなくしていたマルタおばあちゃんが仲間たちに支えながら、
夢だったランジェリーショップを開くために奮闘するお話。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

出てくるおばあちゃんズがとてもかわいくてパワフル。
このおばあちゃんたち、めっちゃ新しいことにチャレンジします。
何かをはじめるのに遅いってことはないんだなぁ、と。

そして閉鎖的な村の雰囲気がほんとよく出ていて
ハートウォーミングなお話のはずなのに雰囲気はちょっと暗めかもです。